スポンサーサイト

  • 2010.03.27 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


高速逆走、半数は高齢者…引き返しやUターンも(読売新聞)

 山口県岩国市の山陽自動車道玖珂―岩国インターチェンジ(IC)間上り線で23日夜、軽自動車が逆走し、運転していた岩国市本郷町本郷、無職増野義雄さん(82)が死亡した。

 警察庁によると、高速道路の逆走事故は2009年に16件(前年比1件増)起きており死亡者は4人(同3人増)。うち10件は65歳以上の高齢ドライバーによる事故だった。東日本・西日本高速道路によると、事故に至らなかったケースも含めると、逆走は08年に701件(同5件増)発生している。

 西日本高速道路によると、高速道路に入る際、インターチェンジ(IC)の料金所通過後にある分岐で、目的地とは違う進入路に入ってしまい、引き返してくるケースが42%と最も多い。さらに本線上まで入ってから目的地とは違う方向に走っていることに気付き、Uターンして逆走したのが36%と続く。サービスエリア(SA)やパーキングエリアで、入り口から本線に逆戻りするケースも22%ある。

 同社によると、逆走事故の47・7%は65歳以上の高齢ドライバーが占め、一般の交通事故で高齢者が占める割合(4・8%)を大幅に上回っているのも特徴だ。ほとんどの場合、勘違いや不注意が原因だという。

 鹿児島市の指宿スカイラインでは今年1月7日、IC付近を逆走した男性(82)の乗用車が2台の乗用車と相次いで衝突、男性は死亡、4人が重軽傷を負った。同18日には、熊本県氷川町の九州自動車道で、軽自動車の78歳女性がSAから本線を約13キロ逆走。女性は高速道を運転している認識すらなかったという。

 逆走事故の多発を受け、西日本高速道路では、管内のICやサービスエリアの出入り口などに約430基のセンサーを設置、逆走を感知すると表示板に「逆走もどれ」などの警告が表示される。また自動車メーカーと連携し、逆走すると車内に音声で警告を出すカーナビゲーションシステムなどの開発も進めている。

 同社の担当者は「道路の安全対策などの整備は進めているが、一番の防止策はドライバー自身が注意を怠らないこと」と話している。

<東京地裁>詐欺判決で朗読ミス 被害者を1人多く読み上げ(毎日新聞)
中井氏、女性問題を釈明「何か問題ならはっきり言って。つけられて分からなかったのは恥ずかしい」(産経新聞)
普天間で小沢氏「首相も県外移設、約束した感じ」(読売新聞)
省内事業仕分け、公開へ―厚労省(医療介護CBニュース)
<愛子さま>天皇、皇后両陛下と御所で昼食(毎日新聞)

夜まで大雪の恐れ 東北(河北新報)

 東北地方は24日夜から25日夜にかけて大雪の恐れがあるとして、仙台管区気象台は24日、気象情報を出して注意を呼び掛けた。

 本州の南岸を低気圧が発達しながら通過し、25日には三陸沖へ進む見込み。低気圧に向かって北から寒気が入りやすくなる。25日夕までの24時間予想降雪量は日本海側南部山沿い40センチ、太平洋側南部山沿い30センチ、東北南部の平地20センチ。仙台も数センチの積雪がある見込み。


片山右京さんが仕事を再開 遭難の「ご遺族からも理解をいただいた」(産経新聞)
龍馬の「婚約者」は美人、宇和島藩主のお墨付き(読売新聞)
<村田元外務次官死去>日米密約調査を後押し(毎日新聞)
債務整理で和解金返還を怠った弁護士らを依頼人が提訴(産経新聞)
幹細胞で歯茎再生=培養・移植で成功−広島大(時事通信)

<阿久悠さん>顕彰モニュメントの鐘 兵庫県洲本市に完成(毎日新聞)

 07年に亡くなった作詞家、阿久悠さんの顕彰モニュメント「阿久悠・愛と希望の鐘」が出身地の兵庫県洲本市五色町に完成し、除幕式が22日あった。

 同市の阿久悠関連事業実行委が建立。阿久さんの代表作で、和田アキ子さんが歌っている「あの鐘を鳴らすのはあなた」を題材に、手を取り合う2人の姿をデザインした。

 式では和田さんと作曲した森田公一さんが鐘を鳴らし、市民ら7000人も参加して「あの鐘を」を大合唱。鐘は自由に鳴らすことができ、まさに「鳴らすのはあなた」。【登口修】

【関連ニュース】
紅白歌合戦:和田アキ子 スーザン・ボイルにシンパシー?「生で聴きたい」
和田アキ子:亀田興毅と“ガチンコ対決” 内藤戦の心情も吐露 BeeTVトーク番組で
モニュメント:阿久悠さん顕彰、「愛と希望の鐘」設置−−洲本・五色 /兵庫
和田アキ子:酒井容疑者に苦言「徹底的に裁きを受けたほうがいい」 禁煙1周年記念本握手会
和田アキ子:エイベックス松浦社長に“激怒” テレビ局批判で“舌好調” BeeTV

沖縄核再持ち込みは「密約」=西山氏ら(時事通信)
<農地法違反問題>輿石氏宅を自民議員ら調査 (毎日新聞)
<普天間>与勝の人工島建設案 沖縄県知事「極めて厳しい」(毎日新聞)
新理事長に池坊保子氏=漢検協会(時事通信)
首都高、阪神高に距離別料金制=値上げの可能性も−前原国交相検討(時事通信)

「環境テロを許すな」SS到着の晴海埠頭は騒然(産経新聞)

 環境保護を標榜(ひょうぼう)する米団体「シー・シェパード(SS)」のピート・ベチューン容疑者を乗せた日本船、第2昭南丸が入港した東京・晴海埠頭(ふとう)は、SSに抗議する複数の団体やマスコミで騒然とした。

 SSに抗議する団体は、垂れ幕などを掲げ、同船入港前から「環境テロリストを許すな」などと声を張り上げた。警備に何十人もの警察官が動員され、「ここから出ないで」と制止する場面もあった。

 上空には報道機関のヘリコプターが何機も飛び、轟音(ごうおん)を響かせ、船が近づいてくると、カメラマンが一斉にシャッターーをきった。

【関連記事】
SS身柄引き渡しに官房長官「司法が適切に判断」
第2昭南丸が接岸 シーシェパード船長逮捕
EU、条件付きで取引禁止支持 大西洋クロマグロ、日本さらに厳しく
シー・シェパード船長、海保が逮捕の方針
SS船長「快適」拘束生活 反捕鯨でも肉料理ペロリ
20年後、日本はありますか?

株式会社ファミリーマートのレジ液晶画面にコンテンツを提供
長男殺害の男、二審も懲役12年=一審裁判員を支持−高松高裁(時事通信)
ルーズベルト大統領 手紙初公開 日露戦争の戦況分析(毎日新聞)
シー・シェパード活動家を逮捕へ=東京港到着の捕鯨船内で−艦船侵入の疑い・海保(時事通信)
福井・敦賀1号機が運転開始から40年(産経新聞)

高校無償化法案が衆院可決へ 川端文科相が朝鮮学校の適用除外を示唆(産経新聞)

 衆院文部科学委員会は12日、公立高で授業料を徴収せず、私立高生らに「就学支援金」を支給して負担を軽減する高校無償化法案を審議した。3年後に制度内容を見直す規定を追加する修正をし、与党などの賛成多数で可決する見通し。支給対象に在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)の指導下にある各種学校、朝鮮学校を含めるかが焦点だが、川端達夫文部科学相は同日午前の同委員会で、除外する可能性を示唆した。

 川端氏は「(支給について)一つの参考にしながら議論しているのは、高校を卒業すれば大学の入学資格ができるかということだ」と述べ、卒業と同時に入学資格が得られない朝鮮学校を対象に含まない可能性に言及した。川端氏はその上で、制度が始まる4月からの朝鮮学校への支給について「評価基準は国会の審議を踏まえるということなので、一部、4月に間に合わないことはあり得る」と述べた。

 一方、平野博文官房長官は12日午前の記者会見で、高校無償化の対象を判断する際に政府外部からの意見を取り入れる可能性に関し、「そういうことも含めて文科相が法案審議をかんがみ、進めているのではないか」と述べ、第三者機関の設置を検討していることを明らかにした。

 委員会審議を通じ、公明党は「低所得者への支援が不十分」として法案修正を要求。付則に「法施行から3年後に、必要があると認められる時は見直しを行う」との文言を盛り込む。

 同法案は、公立高を設置する地方自治体は授業料を原則として徴収せず、国が減収分を補(ほ)填(てん)する内容。私立高や国立高の場合、世帯の年収に応じ、生徒1人当たり年額約12万〜24万円を高校側に一括支給する。

【関連記事】
過去に朝鮮学校排除の閣議決定があった…高校無償化で論議必至
首相フラフラ 朝鮮学校の高校無償化「除外」一転「対象」に
拉致正当化でも朝鮮学校無償化? 首相、「教科内容で決めず」
金父子礼賛色濃く…朝鮮学校教科書、無償化に疑問符
子ども手当と高校無償化の両法案 「12日に衆院通過を」 民主・山岡氏
20年後、日本はありますか?

ベビーカー20台窃盗か=高級ブランド狙い転売−容疑で無職男逮捕・警視庁(時事通信)
<裁判員裁判>新潟地裁で開始 全国で最も遅く(毎日新聞)
鳩山首相 「法人税は減税の方向で」 参院予算委(毎日新聞)
米国でエイズ遺伝子治療を開発へ―タカラバイオ(医療介護CBニュース)
シー・シェパード 捕鯨船を実況見分 容疑者立ち会い(毎日新聞)

「第三者の関わる生殖技術について考える会」が発足(医療介護CBニュース)

 AID(非配偶者間人工授精)によって生まれた人や研究者らでつくる「第三者の関わる生殖技術について考える会」が、このほど発足した。今後、同会では、AIDや代理懐胎といった第三者がかかわる生殖技術について、社会的議論を喚起するための集会や勉強会などを実施する予定だ。

 同会は、AIDをはじめ卵子や胚の提供、代理懐胎など、第三者がかかわる生殖技術について、その問題点を明らかにすると同時に、実施の是非を問い直すことを目的に設置された。

 3月11日の厚生労働省内での記者会見には、AIDによって生まれた人のほか、慶大の長沖暁子准教授や帝塚山大の才村眞理教授が出席。AIDについて、▽意図しない近親婚の可能性が高まる▽正確な遺伝情報がないため、適切な治療が受けられない可能性がある▽大人になってからAIDによって生まれたことを知り、アイデンティティーを喪失したり、親への信頼感を失う人がいる―などと指摘した上で、「こうした問題を置き去りにしたまま行われ続けているAIDには反対する」(長沖准教授)などと述べた。


【関連記事】
介護人材の確保・定着に149億円―来年度職業安定局予算案
昨年度の不妊治療費助成、7万2千件で過去最多
10年度概算要求は26兆円超―厚労省
医療・介護は「新たな成長産業」―民主マニフェスト確定版
「不妊治療」へ新発見

【健康】ヨウ素 取りすぎ注意 「食事摂取基準」来月改定(産経新聞)
地下鉄サリン 15年ぶり「13人目の死者」認定 (産経新聞)
愛子さま学習院不登校 学校側「学級崩壊」否定(J-CASTニュース)
「フワリ」感触、沈む地面…大阪城公園の陥没穴、目撃者が証言(産経新聞)
<自殺>硫化水素で女性 5世帯一時避難 松戸のマンション(毎日新聞)

【集う】日本ペンクラブ「子どもの本」委員会発足記念シンポジウム(産経新聞)

 □2月5日、東京都渋谷区の東京ウィメンズプラザ

 ■「どの国でも手を握って話し合える」

 「飢えた子供の前で、児童書は何ができるのか?」

 日本ペンクラブが昨年設立した「子どもの本」委員会の発足記念シンポジウム「混迷する世界に、“子どもの本”の可能性とは?」の冒頭、作家の落合恵子さんが、フランスの哲学者、サルトルの問いを引用して挑戦的な問題提起の基調報告を行うと、パネリストたちは敏感に反応した。

 作家のひこ・田中さんは「人間は物語を必要とする存在である」と指摘した。

 「おなかをすかせて食べるものがなくても、せめて物語は聞かせてあげたいなと思うんです。難民キャンプにご飯と医薬品と一緒に、できれば物語も届けられたらと思います」

 終戦後の食糧難時代にもかかわらず、哲学者の西田幾多郎全集を求めて岩波書店に大行列ができた例を挙げ、「人間にとって活字がいかに大切なものであるかを証明した」と応じたのは、「ズッコケ三人組」シリーズなどで知られる作家の那須正幹(まさもと)さん。「子供の本はいま戦争を起こしている国に対しては無力かもしれないけど、次の戦争をやめさせるエネルギーはある」

 漫画家の里中満智子さんも、神話・伝説をはじめとする物語を求めるのは「人間の本能」と語る。「目の前のことには何もできないかもしれないけど、飢えた子供を救うための一握りの食べ物を作ることの大切さを知る、それが物語の力だと思います」と訴えた。

 今年9月には国際ペン大会が26年ぶりに東京で開催される。日本ペンクラブの阿刀田高会長は「政治体制、文化水準が大きく違う国と文学の話は難しいが、子供の本についてはどの国でも手を握って話し合える」と、国際交流の推進役として期待を込めた。(磨井慎吾)

阿久根市長が市議会ボイコット「マスコミがいる」(読売新聞)
<枝野行刷相>官庁活性化に政策提案募集へ 全職員対象に(毎日新聞)
低気圧、北海道の東へ=暴風、大雪に警戒を−気象庁(時事通信)
新年金制度の議論スタート=関係閣僚、初会合−政府(時事通信)
男逮捕 6カ月長男死体遺棄の疑い 妻と義母も死亡 宮崎(毎日新聞)

需要予測達成8空港のみ=国内旅客、9割は下回る−国交省(時事通信)

 国土交通省は9日、全国の空港の新設時や滑走路延長時などに試算された国内航空旅客の需要予測と、2008年度の利用者実績の一覧を公表した。両者の比較データがある72空港中、実績が予測を上回ったのは羽田や名古屋など8空港にとどまった。約9割に当たる64空港では予測を下回る結果が出た。
 国や地方自治体などが行う需要予測は空港整備の根拠として位置付けられる。公表された資料は需要予測の想定年度が空港によってまちまちで、単純比較はできないものの、ほぼ半数の空港では実績が予測の半分にも届いておらず、過大な見積もりが全国の空港乱立につながったという批判が強まりそうだ。
 羽田、名古屋以外で、需要予測を上回る実績を達成したのは、旭川(北海道)、庄内(山形)、岡山、長崎、熊本、那覇の各空港。
 予測を下回った64空港のうち、離島を除き最も達成率が低かったのは紋別(北海道)の12.9%。05年度に37万1000人になるとした予測に対し、08年度実績は4万8000人だった。次いで低い石見(島根)は13.5%にとどまった。 

【関連ニュース】
需要予測達成、8空港のみ=実績比一覧を公表
中央リニアのルート議論へ=交通政策審部会が初会合
リニア報告書の提出容認=ルート要望明記を評価
関空補給金は凍結=住宅機構、出資金を減額
農水系基金、350億円放置=埋蔵金「国庫返還すべし」

H氏賞に中国出身・田原さん「石の記憶」(読売新聞)
“パズル” 解く楽しみ+特典…根強い人気 雑誌や携帯、業界下支え(産経新聞)
<鳥取連続不審死>上田被告、運転手強殺容疑で再逮捕 (毎日新聞)
日本アイ・ビー・エムを強制調査=ニイウスコー粉飾事件−監視委(時事通信)
<弁護士>報酬を過大徴収…業務停止4カ月の懲戒処分 愛知(毎日新聞)

野口宇宙飛行士 無重量の宇宙で「おもしろ実験」(毎日新聞)

 国際宇宙ステーションに長期滞在中の宇宙飛行士、野口聡一さん(44)が6日夜、無重量状態で重さ約45キロの袋を引っ張るなどの「おもしろ宇宙実験」をした。中継映像が、宇宙航空研究開発機構(JAXA)の筑波宇宙センター(茨城県つくば市)で報道陣に公開された。

 野口さんは日本の実験棟「きぼう」の船内実験室に現れると「こんばんは」とあいさつし、ハンマーを空中で回転させ始めた。回転の中心と、物体の重心が一致する性質を利用し、重心の位置を見つける実験だ。

 また飲料水が約45リットル入った袋を、野口さんがひもで引っ張る実験もした。袋と野口さんの体が両方とも動いて近付き合い、最後は野口さんが袋に抱きついた。物体に力を作用させると、加えたのと逆向きの力(反作用)が物体から返ってくる「作用反作用の法則」の実例だ。

 おもしろ実験は、無重量の宇宙と重力のある地上の違いを、市民に理解してもらうのが目的。09年に若田光一宇宙飛行士が行ったのに続いて5回目。野口さんは今回、ステーションの公務のない休日を利用して実験した。JAXAは実験の動画を8日夜にホームページで公開し、その後、学校などに解説付きで無償配布する予定。【高木昭午】

【関連ニュース】
野口飛行士:宇宙で絵本を読み聞かせ 都内の児童に
野口宇宙飛行士:ISSに別れ 6月2日地球に帰還
野口宇宙飛行士:「日本選手の活躍楽しみ」宇宙から激励
野口飛行士:宇宙からDJ 「きぼう」で初ラジオ収録
野口聡一さん:鬼は地球の外?…チョコで宇宙の「豆まき」

<鉄塔倒壊事故>関西電力を捜索 業務上過失致死傷容疑で(毎日新聞)
<訃報>田向正健さん73歳=脚本家(毎日新聞)
<アーチェリー事故>高2に矢、同級生を書類送検へ 警視庁(毎日新聞)
「普通の人」の犯罪防げ=万引き対策で初の会議−警察庁(時事通信)
<調査捕鯨妨害>「昭南丸」侵入容疑で拘束の男逮捕へ 海保(毎日新聞)

地域主権戦略会議 大阪・橋下知事が改革案を提示「都市間競争の時代」(産経新聞)

 政府は3日午後、地域主権戦略会議(議長・鳩山由紀夫首相)の第2回会合を首相官邸で開いた。国の出先機関の原則廃止をはじめ、国が法令で自治体の仕事を縛る「義務付け」の見直しや、自治体が自由に使える「一括交付金」の導入などの改革案について意見交換。地域主権実現に向け、今夏をめどに策定する地域主権戦略大綱(仮称)に盛り込む本格的な作業をスタートさせた。

 大阪府の橋下徹知事は「国よりも都市間競争の時代に突入する。広域行政に成長力を持たせるべき」などと主張。国の形を中央と広域行政体、基礎自治体の3構造に分け、地方政府を設置する構想や地方公務員改革などを提案した。

 鳩山首相は冒頭、「(地域主権実現への工程を示した)原口プランに実行力を持たせ、国と地方のあり方を抜本的に変えていく会議としたい」などとあいさつした。

 地方に影響を及ぼす国の政策について閣僚と自治体代表者が話し合う「国と地方の協議の場」を設置する法案と、義務付け・枠付けの見直しなどの2法案を了承した。

 今後の予定として、3月中にも義務付けと地方への権限移譲に関する集中審議を開始することで合意。同時に、地方の裁量権を拡大する一括交付金の制度化に向けた検討や国の出先機関改革の審議も順次進めていくことを確認した。

 意見交換では、橋下知事は「(民主党の)国の形の最終ゴールが見えない。基礎自治体、広域行政体はどういう組織にすればいいのか分からない」などと指摘した。

 また、会議で出先機関改革を担当する北川正恭早稲田大院教授は「膨大な事務が地方に義務付けされている。各省の反発は予想され、改革には相当の覚悟がいる」と話した。

【関連記事】
橋下知事、あらためて大阪府市統合を主張 府議会定例会が開会
橋下知事、中国総領事館の移転「一歩進んだ」
地方に課税・立法権 橋下知事、地方政府法私案を提示
地域主権改革、今年から本格化 省庁の抵抗は必至
橋下知事「鳩山首相の思い感じた」 地域主権戦略会議
黒船か? 電子書籍の衝撃 揺れる出版界

ゴルフ場で土砂崩れ、作業員生き埋め(読売新聞)
「カンガルーケア」中に赤ちゃん呼吸停止 長崎の産婦人科医院(産経新聞)
小林秀雄、幻の講演「本居宣長」テープ発見(読売新聞)
<虐待>食事与えず5歳長男衰弱死、あざも 父母逮捕 奈良(毎日新聞)
1月の自殺者、7.2%減=5カ月連続で前年下回る−警察庁(時事通信)

calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
sponsored links
リンク
探偵
クレジットカード現金化
2ショットチャット
携帯ホームページ
クレジットカード現金化 比較
ネットビジネス
selected entries
archives
recent comment
  • 高速逆走、半数は高齢者…引き返しやUターンも(読売新聞)
    みっくみく (08/27)
  • 高速逆走、半数は高齢者…引き返しやUターンも(読売新聞)
    豚村 (06/13)
  • 高速逆走、半数は高齢者…引き返しやUターンも(読売新聞)
    とろろいも (01/14)
  • 高速逆走、半数は高齢者…引き返しやUターンも(読売新聞)
    ガトリング白銀 (01/08)
  • 高速逆走、半数は高齢者…引き返しやUターンも(読売新聞)
    オリンキー (01/03)
  • 高速逆走、半数は高齢者…引き返しやUターンも(読売新聞)
    リョータ (12/25)
  • 高速逆走、半数は高齢者…引き返しやUターンも(読売新聞)
    モグモグ (12/17)
  • 高速逆走、半数は高齢者…引き返しやUターンも(読売新聞)
    パイン (12/13)
  • 高速逆走、半数は高齢者…引き返しやUターンも(読売新聞)
    ばきゅら (12/09)
  • 高速逆走、半数は高齢者…引き返しやUターンも(読売新聞)
    ちんたまん (12/04)
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM